• facebook
  • twitter
  • instagram
空撮 外壁調査 目視点検 マイクロドローン 災害(天災) ドローンレース 農薬散布 測量 水中 赤外線調査
外壁調査
あなたの安全を守るために。
外壁調査とは、マンションやオフィスビル等の建造物、橋梁やトンネル等のインフラの老朽化が起こっているかどうかを調査することです。これら建造物の劣化を事前に調査することで早期に修繕工事を行うことができ、壁面崩落等の突発的な事故を防ぐことができます。
なぜドローンでやるのか
01
従来の打診方法と違い写真や動画での客観的な調査が可能
外壁調査は従来、打診棒などを用いて実際に壁面を叩き、打撃音に異常があるかどうかを人間の耳で判断するという方法で行われてきました(打診法)。この方法では調査員の経験が重要となり、また調査結果は属人的な要素を含まざるを得ません。一方、ドローンを用いた調査では赤外線/可視カメラの映像/画像による客観的な調査結果を得ることが可能となります。
02
ゴンドラ使用時などに発生する
調査員落下のリスクなし
従来の打診法の場合、手の届かない高所部分の壁面を打診するためには建物の屋上からロープやゴンドラを下ろしたり、足場を組んで作業を行う必要があります。どの方法においても調査員が高所へ登らなければならず、落下のリスクは一定以上存在します。一方、ドローンを用いた調査では高所へ登る必要はなく、調査員落下による事故の可能性は全くありません。
03
調査費用・調査期間の軽減
建物が高くなればなるほど、また調査面積が広くなればなるほど、ゴンドラや足場を組む日数や打診調査に必要な人手は膨らんでいきます。一方、ドローンを用いた場合は調査対象の高さや面積により必要な人手や日数が大きく膨らむことはありません。また、大掛かりな設備も必要ないため、費用・期間共に大幅な軽減が可能です。
事例
作業風景①
周囲の安全を確認しいざ、飛行開始!
作業風景②
モニタを見ながら対象範囲を満遍なく撮影して
いきます
調査報告書の作成
可視カメラ・赤外線カメラの画像を解析して
劣化情報を報告します
Q&A
Q.
どんなことが調査できるの?
A.
赤外線カメラを使用した場合、タイル割れや欠損、タイルの浮きや漏水の疑いのある箇所等を発見することができます。
Q.
雨の日も調査できるの?
A.
雨や強風など、安全が担保できない天候の場合は飛行はできません。その他、国土交通省の規制により地上1.5mの高さで風速5mを超えた場合はドローンの飛行が禁止されています。そのため、調査日とは別に予備日を事前に設定しておくことが一般的です。
Q.
どんな建物でも調査できるの?
A.
「隣の建物との距離が10m以下の壁面」「電線や電信柱の多い壁面」など、安全が担保できない壁面についてはドローンでの調査はできません。その場合、建物の一部分のみの調査や、ロープ打診など他の方法と組み合わせた調査を行うことをおすすめします。
対応可能パイロット
パイロットのご指名も承っております

DRONIST

佐々木 邦明 Sasaki Kuniaki

対応可能エリア:
全国

DRONIST

古谷 洋介 Furuya Yosuke

対応可能エリア:
全国

DRONIST

枡井 孝宏 Takahiro.Masui

対応可能エリア:
全国

DRONIST

佐々木 孔明 KOMEI SASAKI

対応可能エリア:
全国

DRONIST

宮下 卓也 MIYASHITA TAKUYA

対応可能エリア:
全国

DRONIST

中川 智博 NAKAGAWA TOMOHIRO

対応可能エリア:
全国