• facebook
  • twitter
  • instagram
空撮 外壁調査 目視点検 マイクロドローン 災害(天災) ドローンレース 農薬散布 測量 水中 赤外線調査
赤外線調査
太陽光パネルの劣化や壁面の漏水箇所が一目で分かる
赤外線調査とは、建築物の劣化状況を確認する調査方法の1つです。ドローンの赤外線調査では赤外線カメラを機体に搭載し、主に外壁や太陽光パネルの点検をします。特に太陽光パネル点検においては、ホットスポット発見に貢献します。MW級の広大な敷地をドローンで撮影することで、コスト削減、点検時間の短縮を実現し、その他害獣の生態調査なども行えます。
なぜドローンでやるのか
01
ミリ単位で建物の劣化を把握
高解像度のカメラにより、建物内の雨漏り箇所を発見できます。雨水が原因となる漏水は住宅トラブルの元ですが、赤外線調査では雨漏りの侵入経路を把握します。ミリ単位の建物の劣化も見逃しません。赤外線を通して建物を確認すると劣化部分を浮いた箇所として発見できます。
02
広大な太陽光施設も1日で調査可能
太陽光発電パネルの異常箇所や故障箇所などの点検作業も1日で完了可能です。人力作業と比較して約4倍ものスピードで点検するため、迅速な対応を行います。ドローンによる上空からの撮影により、人が点検箇所から落下する事故リスクを軽減し安全な調査ができます。
03
夜間での撮影も可能。夜行性の害獣調査にも対応します。
赤外線カメラを用いることで夜間の撮影も可能となります。例えば、夜行性の害獣の生息範囲を正確に把握したり、生息数や行動など今まで目視や捕獲頭数で確認してきた生態についても赤外線カメラ搭載機のドローンを使えば調査できます。真っ暗な山の中でも通常の調査では確認できない害獣の動きを把握できます。
事例
太陽光パネルのホットスポット写真
サーモグラフィーカメラを活用することで、異常個所を一目で確認できます。
漏水箇所の写真
緊急を要する漏水調査や危険な高所での調査も迅速に点検することが可能です。
報告書の見本
赤外線カメラで撮影したデータを元に解析報告書を
作成。
Q&A
Q.
太陽光パネル調査にはどれくらい時間がかかるの?
A.
規模にもよりますが、人が作業をする場合と比べると平均して1/3程度まで調査時間を短縮できます。
Q.
依頼していつから調査できるの?
A.
最短翌日に、最寄のパイロットが駆けつけます。ご依頼後は、事前調査・見積作成・調査・調査報告書提出の流れで対応いたします。
Q.
保険適応はできるの?
A.
台風等で漏水の際には、損害保険が適用される場合もあります。詳しくは契約の保険会社へお問合せ下さい。
Q.
どんなことが調査できるの?
A.
赤外線カメラを使用した場合、タイル割れや欠損、タイルの浮きや漏水の疑いのある箇所等、太陽光パネルのホットスポットを発見することができます。
対応可能パイロット
パイロットのご指名も承っております

DRONIST

佐々木 邦明 Sasaki Kuniaki

対応可能エリア:
全国

DRONIST

古谷 洋介 Furuya Yosuke

対応可能エリア:
全国

DRONIST

佐々木 孔明 KOMEI SASAKI

対応可能エリア:
全国

DRONIST

宮下 卓也 MIYASHITA TAKUYA

対応可能エリア:
全国

DRONIST

中川 智博 NAKAGAWA TOMOHIRO

対応可能エリア:
全国