• facebook
  • twitter
  • instagram
空撮 外壁調査 目視点検 マイクロドローン 災害(天災) ドローンレース 農薬散布 測量 水中 赤外線調査
目視点検
ドローンで安全かつ迅速な点検を。
点検とは、建築物の安全性を確保するために家屋の屋根や高所の看板、ビル等、といった場所に不良箇所がないか1つ1つ検査を行うことです。一般的に建築物に対しては、安全性を確保するために定期的な点検作業が義務付けられています。従来は危険な箇所に人の手を使って作業をしていたため、作業員の安全確保を必要としました。ドローンなら点検が困難な場所でも高解像度のカメラやセンサーを使い、損傷部分や腐食、雨漏り箇所など建築物の不良箇所を網羅的に確認します。
なぜドローンでやるのか
01
人が登ると危険な場所もリスク無しで調査可能
太陽光パネルや屋根、ビル壁面、プラント、飛行場など人が登ると危険な場所でもドローンは簡単に点検可能です。特に高所でドローンを使用すると人の落下リスクが無くなります。揺れやブレのない高解像度の映像撮影ができ、現場の状況をすばやく確認可能です。災害時の屋根調査では、火災保険の為の点検としても活用でます。
02
調査費用・調査期間の軽減
従来の点検調査にはゴンドラやロープを使用するため、人件費問題や時間的コストがかかります。ドローンではスピーディーな点検が可能であり、特に緊急を要する時は現場の状況把握のために包括的な確認を行います。点検者の人手不足問題解決や作業効率アップにドローンは貢献します。
03
調査結果を写真や動画などデータで残せます
ドローンが撮影した写真や動画をデータで保管可能です。データを活用し、現場の補修が必要な部分や点検状況を把握することに役立ちます。高精度の画像を確認するには専用のCADソフトを使用し、様々なアングルからデータで見た調査結果を保管できます。
事例
屋根撮影写真
屋根の上でも撮影可能。人が登ると危険な場所でもドローンは安全に点検します。
看板撮影写真
ドローンの詳細な映像で、目的物全体からボルトの
ゆるみまで幅広く確認できます。
調査報告書
パイロットの撮影した映像や画像を元に調査報告書を作成します。
Q&A
Q.
依頼からどれくらいの期間で対応できるの?
A.
最短翌日に、最寄のパイロットが駆けつけます。
Q.
戸建て住宅でも対応できるの?
A.
可能です。特に屋根調査では、人の手で確認しづらい水漏れや屋根の塗装状態をドローンで鮮明に撮影できるため、大きな効果を発揮します。
Q.
市街地の看板も調査できるの?
A.
可能です。街路樹等でドローンが近づけない箇所も、ズーム機能を備えたカメラを使用することで看板の細部まで点検する事ができます。
対応可能パイロット
パイロットのご指名も承っております

DRONIST

古谷 洋介 Furuya Yosuke

対応可能エリア:
全国

DRONIST

枡井 孝宏 Takahiro.Masui

対応可能エリア:
全国

DRONIST

佐々木 孔明 KOMEI SASAKI

対応可能エリア:
全国

DRONIST

中川 智博 NAKAGAWA TOMOHIRO

対応可能エリア:
全国