• facebook
  • twitter
  • instagram
空撮 外壁調査 目視点検 マイクロドローン 災害(天災) ドローンレース 農薬散布 測量 水中 赤外線調査
災害(天災)
万が一の災害時でもドローンは活躍しています。
地震や台風、洪水や火災など日本は災害大国と呼ばれるほど自然災害の多い国です。ドローンであれば人や車で行けない場所の現場調査や、サーモグラフィーを使用した捜索、探索が行えます。
なぜドローンでやるのか
01
災害時、ドローンなら被災地へすぐに向かいます
災害が起こると洪水が起きたり、道路が通れないなど人や車両が移動できない状況が同時に生じます。ドローンは災害時の環境に左右されず、被害確認や人命救助に努めます。現場状況を即座に確認できるため、自然災害時の被害を記した地図作成にも活用可能です。
02
被災・遭難時にサーモグラフィーで捜索が行えます
ヘリコプター等で捜索を実施しても目視で確認できる範囲が限られるため、被災者の発見が困難な場合があります。ドローンでは、森林地帯等での遭難者や地震等で被災した被災者をサーモグラフィーを活用して捜索できます。木々により人を発見しづらかったり、瓦礫の中で人がいるのか判断しづらかったり、障害物がある場合でも熱で人間を探知するため、人命救助に努められます。
03
ヘリコプターが行けない場所でも緊急物資の供給が可能
雲や地形などによってヘリコプターが飛行できない状況でもドローンは飛行できます。緊急物質が必要である僻地や離島など、大型航空機で接近しづらい場所でもドローンを使って医療物資の配送が可能です。ドローンによる支援物資の供給により被災地の手助けを行います。
事例
作業風景①
人が立ち入れない場所でもドローンは即座に現場を
調査することができます。
作業風景②
家屋など1日も早く復旧したい現場でもドローンは
スピーディーに調査します。
作業風景③
経験豊富なパイロットたちが対応します。
Q&A
Q.
災害が起きたときどこに連絡すればいいの?
A.
SORAeMON事務局へお問い合わせください。ドローンパイロットが災害現場へすぐに向かいます。
Q.
どのような災害が起きたとき対応できるの?
A.
台風や地震などの天災後になります。被害状況をドローンで把握いたします。
Q.
地方の災害でも対応できるの?
A.
可能です。災害現場に近いドローンパイロットが駆けつけます。
対応可能パイロット
パイロットのご指名も承っております

DRONISTAR

稲田 悠樹 INADA YUKI

対応可能エリア:
全国

DRONIST

佐々木 邦明 Sasaki Kuniaki

対応可能エリア:
全国

DRONIST

古谷 洋介 Furuya Yosuke

対応可能エリア:
全国

DRONIST

佐々木 孔明 KOMEI SASAKI

対応可能エリア:
全国

DRONIST

宮下 卓也 MIYASHITA TAKUYA

対応可能エリア:
全国