• facebook
  • twitter
  • instagram
空撮 外壁調査 目視点検 マイクロドローン 災害(天災) ドローンレース 農薬散布 測量 水中 赤外線調査
農薬散布
あなたの大切な田畑を守ります。
空からの農薬散布では、従来、大規模な田畑を対象としたラジコンヘリでの散布を行うことしかできませんでした。また、散布時期も集中する為、本来の希望の時期とずらし混雑を避けて散布するという事もしばしばありました。ドローンでの農薬散布はこれらの問題点をクリアし、なおかつ低価格、短時間で農薬を散布することが可能です。
なぜドローンでやるのか
01
狭小の田畑で散布可能
ラジコンヘリを使ってできなかった狭小の田畑でも農薬や肥料などをドローンに搭載し、ムラなく散布することができます。狭小の田畑だけでなく、広大な広さを持つ田畑まで空中散布を行います。大豆、そば、麦といった土地利用型作物から、屋外の畑などの露地野菜、果樹といった園芸作物の農薬散布にもドローンで対応いたします。
02
時期を選ばず散布可能
ラジコンヘリで農薬散布をする際、他の田畑との混雑を避けるため散布時期をずらす必要がありました。ドローンでは短時間での農薬散布を可能にするため、時期を気にすることなく、短期間で殺菌・殺虫等進めることができます。ドローンは収穫予定日に合わせた計画的な農薬散布をサポートします。
03
散布費用・散布時間の軽減
ラジコンヘリを購入した場合面積によって最低500万円以上の費用が必要です。さらに維持費など継続して使うと余分なコストがかかります。比べて、ドローンでは20万円の価格帯で済ませられます。その上、地上で人が農薬を散布する際の約40倍の速さで効率的に農薬散布を行えます。
事例
機体チェック
農薬散布専用のドローンを使用します。農薬の状態やプロペラの安全を確認してから飛行します。
田んぼでの飛行風景①
ドローンなら狭小の田畑でもムラなく効率よく農薬を散布することが可能です。
田んぼでの飛行風景②
ドローンの農薬散布なら時間もコストも格段に圧縮
することができます。
Q&A
Q.
どれくらいの広さから対応可能なの?
A.
10aから散布可能です。
Q.
ドローンで散布できる薬剤は何?
A.
ラジコンヘリ散布の登録がある薬剤はドローンで使用できます。具体的には殺菌剤から殺虫剤、除草剤、殺虫殺菌剤、植物成長調整剤まで対応可能です。
Q.
依頼から何日で散布可能なの?
A.
ご依頼いただいた日の翌日から散布が可能です(ただし薬剤のご準備が済んでいる場合のみ)。
対応可能パイロット
パイロットのご指名も承っております

DRONIST

枡井 孝宏 Takahiro.Masui

対応可能エリア:
全国

DRONIST

佐々木 孔明 KOMEI SASAKI

対応可能エリア:
全国

DRONIST

中川 智博 NAKAGAWA TOMOHIRO

対応可能エリア:
全国