• facebook
  • twitter
  • instagram
空撮 外壁調査 目視点検 マイクロドローン 災害(天災) ドローンレース 農薬散布 測量 水中 赤外線調査
水中
水の中も自由自在に。
水中の撮影や調査は従来、人が潜って行うことが一般的でした。しかし、水中ドローンの登場により水中での撮影に新たな手法が加えられ、海洋生物の生態調査、養殖の管理等の産業においても年々活用範囲が拡大しています。航空法の規制対象外のため、法律面、安全面でも導入しやすい利点があります。
なぜドローンでやるのか
01
潜水夫の負担軽減
ドローンが水中を撮影するため、潜水夫による身体的負担を軽減。潜水夫の水中事故を防ぎつつ、船底や養殖場など水中から設備を事前にチェックすることが可能です。加えて、ダイビングでは入れない空間も水中ドローンでは事前調査ができ、潜水夫が海に潜るためのサポートをドローンが全般的に行います。
02
潜水可能深度が100M超。無人探査機の4分の1のコストで調査
潜水可能深度は最大100M超、潜水夫だけでは辿り着けない海の底までドローンは潜入します。また、海洋生物の生態調査において無人探査機を利用した場合は数100万円の費用が必要ですが、水中ドローンはその4分の1のコストで調査が可能です。水中での撮影/調査の費用問題を解決できます。
03
4Kカメラを搭載し、鮮明な映像撮影可能
水中ドローンは4Kカメラの搭載が可能、鮮明な映像を撮影することができます。海中や湖などに生息する生き物の生態を隅々までハイビジョンカメラで撮影し、高精細な写真/映像を提供します。水中で機能を発揮しづらい光学ズームをしても映像の劣化が起こりにくいため、生物の細かな動きにも対応します。
事例
作業風景①
船底最大100Mの深海まで撮影できます
作業風景②
水中ドローン「FIFISH V6」水中の中でも高解像度の写真/映像を撮影します
作業風景③
作業完了後データを元に報告書を作成いたします
Q&A
Q.
法律の規制はあるの?
A.
空を飛行するドローンとは異なり、航空法の規制はありません。ただし、海上交通三法や河川法など海や河川のルールがあります。
Q.
水中での電波環境は?
A.
水中は電波が届かないので、有線での操作になります。
Q.
免許は必要なの?
A.
免許は必要ありませんが、正しい知識が必要となります。練習や専門知識が必要な場合は、水中ドローン専門スクールが全国各地にあります。
対応可能パイロット
パイロットのご指名も承っております

DRONIST

古谷 洋介 Furuya Yosuke

対応可能エリア:
全国

DRONIST

中川 智博 NAKAGAWA TOMOHIRO

対応可能エリア:
全国